メリル ストリープ(英語表記)Meryl Streep

現代外国人名録2012の解説

メリル ストリープ
Meryl Streep


国籍
米国

専門
女優

本名
Mary Louise Streep

生年月日
1949/6/22

出生地
米国 ニュージャージー州バッキング・リッジ

学歴
バッサー大学演劇科卒;エール・スクール・オブ・ドラマ卒

経歴
父は製薬会社役員、母はグラフィック・アーティストという裕福なインテリ家庭に育つ。大学卒業後、奨学金を得てエール・スクール・オブ・ドラマへ。1975年卒業と同時にニューヨークの地方劇団に入る。’77年「ジュリア」で映画デビュー。’79年「クレイマー、クレイマー」でアカデミー賞助演女優賞を、’82年「ソフィーの選択」で同賞主演女優賞を獲得し、女優としての地位を確立。アカデミー賞には16回ノミネートの歴代最多記録を持ち、他にも数多くの賞を受賞し“賞女”の異名を持つ実力派。他の映画出演作に、「ディア・ハンター」(’78年)、「マンハッタン」(’79年)、「フランス軍中尉の女」(’80年)、「恋におちて」(’84年)、「愛と哀しみの果て」(’85年)、「心みだれて」(’86年)、「黄昏に燃えて」(’87年)、「暗闇の叫び」(’88年)、「永遠に美しく」(’92年)、「愛と精霊の家」(’93年)、「激流」(’94年)、「マディソン郡の橋」(’95年)、「マイ・ルーム」(’96年)、「ミュージック・オブ・ハート」(’99年)、「めぐりあう時間たち」(2002年)、「クライシス・オブ・アメリカ」(2004年)、「プラダを着た悪魔」(2006年)、「大いなる陰謀」(2007年)、「マンマ・ミーア!」「ダウト〜あるカトリック学校で〜」(2008年)、「ジュリー&ジュリア」「恋するベーカリー」(2009年)など。舞台やテレビでも活躍しており、「二つの月曜日の思い出」でトニー賞ノミネート、テレビシリーズ「Angels in America」でエミー賞を受賞。1992年11月初来日。

受賞
アカデミー賞助演女優賞(第52回,1979年度)「クレイマー、クレイマー」;アカデミー賞主演女優賞(第55回,1982年度)「ソフィーの選択」 エミー賞〔1978年〕「ホロコースト」(TV);ニューヨーク映画批評家連盟賞助演女優賞〔1978年〕「ディア・ハンター」;ニューヨーク映画批評家連盟賞助演女優賞〔1979年〕「クレイマー、クレイマー」;ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(第37回,1979年度)「クレイマー、クレイマー」;ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(第39回,1981年度)〔1982年〕「フランス軍中尉の女」;ニューヨーク映画批評家連盟賞主演女優賞〔1982年〕「ソフィーの選択」;ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(第40回,1982年度)〔1983年〕「ソフィーの選択」;カンヌ国際映画祭主演女優賞(第42回)〔1989年〕「暗闇の叫び」;アメリカン・コメディ賞主演女優賞(第5回)〔1991年〕「ハリウッドにくちづけ」;ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・カメラ賞(第49回)〔1999年〕;ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(第60回,2002年度)「Adaptation」;ゴールデン・グローブ賞女優賞(テレビ・ミニシリーズ,第61回,2003年度)「Angels in America」;エミー賞(主演女優賞)〔2004年〕「Angels in America」;ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞,第53回)〔2003年〕「めぐりあう時間たち」;AFIライフ・アーチブメント賞〔2004年〕;モスクワ国際映画祭スタニスラフスキー賞(第26回)〔2004年〕;ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門,第64回,2006年度)「プラダを着た悪魔」;ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門,第67回,2009年度)「ジュリー&ジュリア」「恋するベーカリー」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

メリル ストリープ

生年月日:1949年6月22日
アメリカの女優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリル ストリープの関連情報