メリーウィドー(英語表記)The Merry Widow

大辞林 第三版の解説

レハール作曲のオペレッタ。三幕。1905年ウィーンで初演。有名な「メリーウィドーワルツ」「ビリアの歌」は単独で演奏されることが多い。 原題 ドイツ Die lustige Witwe の英訳。陽気な後家さんの意

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android