コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルスマン メルスマンMersmann, Hans

2件 の用語解説(メルスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルスマン
メルスマン
Mersmann, Hans

[生]1891.10.6. ポツダム
[没]1971.6.24. ケルン
ドイツの音楽学者。ミュンヘン大学で A.ザントベルガーに,ベルリン大学で A.クレッチマーに音楽学を学び,1914年学位を取得。 21年ベルリン工科大学講師,26年同大学教授。 24~33年雑誌『メロス』の編集にたずさわったが,33年ナチスに追われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルスマン
めるすまん
Hans Mersmann
(1891―1971)

ドイツの音楽学者、評論家。ポツダム生まれ。ミュンヘン、ライプツィヒ、ベルリンで音楽研究法や実践を学び、生涯を通じて実践に深く裏づけられた理論的かつ歴史的考察を蓄積した。音楽が垂直(和声)・水平(旋律)の次元で諸音の間に力関係を生み出すことによって芸術作品としての成立基盤を獲得することを説き、エネルギー説の音楽美学者として名をなした。民謡の研究や音楽雑誌主宰などでも功績を残した。主著は『応用音楽美学』(1926)、『音楽聴』(1952)。ナチス台頭時代は公職から離れたが、第二次世界大戦後はケルン高等音楽学校の校長を務め、同地に没した。[山口 修]
『野村良雄・原田義人訳『西洋音楽史』全二冊(1970・みすず書房) ▽野村良雄訳『メルスマン/ベートーヴェン』(1970・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メルスマンの関連キーワードゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋早稲田文学アドバルーン上高地

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone