コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルデの実験 メルデのじっけん Melde's experiment

2件 の用語解説(メルデの実験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルデの実験
メルデのじっけん
Melde's experiment

弦の振動を調べる実験。 1859年 E.メルデにより行われた。音叉の脚の1つに糸をつけ,その他端は固定したものに結びつけ,糸を十分に張っておく。糸の長さと張力を適当に調節して音叉を振動させると,音叉の振動と糸の振動が共鳴を起し,両端を固定された糸に沿って定在波がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メルデのじっけん【メルデの実験】

音叉の振動数を決めるのに用いられる方法。名は音叉の実験を行ったフランスのメルデFranz Emile Melde(1832‐1901)にちなむ。図のように弦の一端を音叉に固定し,その他端に滑車を介しておもりを取りつけ張力をかける。音叉を振動させておいて弦の長さと張力とを調整すると,弦の振動数が音叉の振動数の1/2になるところで共鳴によって弦は激しく振動する。弦の振動数νは,張力T,弦の長さlおよび単位長さ当りの質量ρから計算によって,と求まるので,これから音叉の振動数がわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メルデの実験の関連キーワード加音共振共鳴箱振動数音叉発振器差音固有振動数ストルーハル数ラングミュアのプラズマ振動数浅海潮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone