コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンタワイ諸島 メンタワイしょとうKepulauan Mentawai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンタワイ諸島
メンタワイしょとう
Kepulauan Mentawai

インドネシア,スマトラ島南部のインド洋岸沖合いに連なる諸島。スマトラバラット州に属する。約 70の島から成り,シブルト島,シポラ島,パゲイウタラ島,パゲイスラタン島が比較的大きい。低い山地の間に小平野が散在し,全体に森林におおわれる。いずれも火山性で,しばしば地震に襲われる。周辺に暗礁が多く波が荒いため孤立しており,住民はプロト・マレー系で,内陸の河岸などに小集落をつくって,農業や狩猟,採集に従事。主食はタロイモ,ヤムイモサゴデンプン,米で,ほかにコプラを産する。少数の中国人とスマトラ人が海岸部に住む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メンタワイ諸島の関連キーワードメンタワイ諸島民

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android