コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モサンデル モサンデルMosander, Carl Gustaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モサンデル
Mosander, Carl Gustaf

[生]1797.9.10. カルマー
[没]1858.10.15. オングスホルメン
スウェーデンの化学者,鉱物学者。ストックホルムのカロリンスカ医科外科研究所化学教室に勤務 (1826) 。同化学,鉱物学教授 (32) 。セリウム化合物の研究から似通った性質の多種の希土類元素の存在を示唆し,みずからもランタン (39) ,エルビウムテルビウム (いずれも 43年) の単離・命名を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モサンデル
もさんでる
Carl Gustav Mosander
(1797―1858)

スウェーデンの化学者。カルマルに生まれる。薬剤師、医師になる教育を受けたのち、陸軍の外科医となった。1825年医学の学位をとり、ストックホルムの科学アカデミーの鉱物コレクションの管理者となり、まもなくカロリンスカ医学研究所の化学実験室の責任者に就任、1832年にベルツェリウスの後任として、ここの化学・鉱物学の教授となる。1839年ベルツェリウスとクラプロートが発見した土類、セリアを分析して、新しい土類、ランタン(モサンデルはランタナと名づけた)を発見、さらにこれを2種類の土類、ランタンとシジミアに分離した。長い間ベルツェリウスと同じ家に住み、オランダ系の妻はベルツェリウスにオランダ語を教えた。[藤田千枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モサンデルの関連キーワード元素発見史(年表)希土類元素ジジム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android