コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスコス モスコス Moschos

3件 の用語解説(モスコスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスコス
モスコス
Moschos

前 150年頃活躍のギリシアの牧歌詩人。シラクサ出身。エピグラム数編と小叙事詩エウロペ』 Eurōpēが現存。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モスコス【Moschos】

前150年ころに活躍した,シチリア島シラクサ出身のギリシアの抒情詩人。生没年不詳。モスコスは,テオクリトスビオンとともに,ヘレニズム時代の代表的牧歌詩人の一人であった。残念ながら,彼の《牧歌》は断片が伝わるのみであるけれども,ゼウスエウロペ強奪を物語る小叙事詩《エウロペ》が彼の作として現存しており,モスコスの詩風をうかがうよすがの一つとなっている。【平田 真】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスコス
もすこす
Moschos

生没年不詳。古代ギリシアの牧歌詩人。紀元前2世紀の人。シチリア島のシラクサ出身。代表作『エウロパ』は、雄牛に姿を変えたゼウスが美女エウロパ(エウロペ)を誘惑し、彼女を背に海を越える神話を取り上げた優美な作品である。さらに、女神アフロディテが息子のエロスを探す『逃げ出したエロス』、ヘラクレスの妻メガラが姑(しゅうとめ)のアルクメネとともに英雄の運命について嘆く『メガラ』などがある。彼の作品の特色は技巧的な構成や華麗な詩句にみられる。[岡 道男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モスコスの関連キーワードアガトクレスアクラガスシチリア王国シチリア島シラクサアレトゥーザの泉オルティジア島シラクサ大聖堂チルネコ・デルエトナヒエロン[1世]

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone