モスコス(英語表記)Moschos

世界大百科事典 第2版の解説

モスコス【Moschos】

前150年ころに活躍した,シチリア島シラクサ出身のギリシアの抒情詩人。生没年不詳。モスコスは,テオクリトス,ビオンとともに,ヘレニズム時代の代表的牧歌詩人の一人であった。残念ながら,彼の《牧歌》は断片が伝わるのみであるけれども,ゼウスのエウロペ強奪を物語る小叙事詩《エウロペ》が彼の作として現存しており,モスコスの詩風をうかがうよすがの一つとなっている。【平田 真】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスコス
もすこす
Moschos

生没年不詳。古代ギリシアの牧歌詩人。紀元前2世紀の人。シチリア島のシラクサ出身。代表作『エウロパ』は、雄牛に姿を変えたゼウスが美女エウロパ(エウロペ)を誘惑し、彼女を背に海を越える神話を取り上げた優美な作品である。さらに、女神アフロディテが息子のエロスを探す『逃げ出したエロス』、ヘラクレスの妻メガラが姑(しゅうとめ)のアルクメネとともに英雄の運命について嘆く『メガラ』などがある。彼の作品の特色は技巧的な構成や華麗な詩句にみられる。[岡 道男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android