モスコス(英語表記)Moschos

世界大百科事典 第2版の解説

モスコス【Moschos】

前150年ころに活躍した,シチリア島シラクサ出身のギリシアの抒情詩人。生没年不詳。モスコスは,テオクリトス,ビオンとともに,ヘレニズム時代の代表的牧歌詩人の一人であった。残念ながら,彼の《牧歌》は断片が伝わるのみであるけれども,ゼウスのエウロペ強奪を物語る小叙事詩《エウロペ》が彼の作として現存しており,モスコスの詩風をうかがうよすがの一つとなっている。【平田 真】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスコス
もすこす
Moschos

生没年不詳。古代ギリシアの牧歌詩人。紀元前2世紀の人。シチリア島のシラクサ出身。代表作『エウロパ』は、雄牛に姿を変えたゼウスが美女エウロパ(エウロペ)を誘惑し、彼女を背に海を越える神話を取り上げた優美な作品である。さらに、女神アフロディテが息子のエロスを探す『逃げ出したエロス』、ヘラクレスの妻メガラが姑(しゅうとめ)のアルクメネとともに英雄の運命について嘆く『メガラ』などがある。彼の作品の特色は技巧的な構成や華麗な詩句にみられる。[岡 道男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android