コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラティン

百科事典マイペディアの解説

モラティン

スペインの劇作家フランスの影響下にあったスペインの新古典主義を代表する作家の一人。典型的な親フランス派で,スペイン王ジョゼフ・ボナパルトによって王立図書館の司書に任命されたが,仏軍の敗走とともにフランスに亡命しパリで客死シェークスピアモリエールを初めてスペインに紹介,翻訳。三一致の法則(三統一)を厳守した戯曲《娘たちのハイ》(1805年)が代表作

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モラティン【Leandro Fernández de Moratín】

1760‐1828
スペインの劇作家。18世紀後半から19世紀初めころにかけての新古典主義を代表する作家の一人。典型的な親フランス派で,シェークスピアの《ハムレット》を初めてスペイン語に翻訳したのも彼だが,フランス演劇,特にモリエールを好み,《亭主学校》や《心ならずも医者にされ》を翻訳している。作家としては5編の喜劇を残しているが,代表作は《娘たちの“はい”El sí de las niñas》(1806)である。また当時,演劇についての造詣の深さにおいては彼の右に出る者はなく,《スペイン演劇の起源》を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモラティンの言及

【スペイン文学】より

…こうした時代精神を反映して,創作よりも文学批評やエッセーが前面に現れてくるが,この期を代表する作家が,膨大な《世界の批判的提示》で科学・哲学・文学などの広範な知識を整理したB.J.フェイホーであり,《大衆教育の一般計画》などの著作でスペインが直面していた諸問題と情熱的に取り組んだ文人政治家G.M.deホベリャノスである。新古典主義演劇の分野ではL.F.deモラティンの《娘たちの“はい”》がほとんど唯一の傑作である。
【19世紀――ロマン主義からリアリズムへ】
 19世紀前半はヨーロッパ全体にロマン主義が流行したが,スペインにもやや遅れて移入され,詩と演劇の分野に成果が見られた。…

※「モラティン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モラティンの関連情報