コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラーダーバード モラーダーバード Morādābād

3件 の用語解説(モラーダーバードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラーダーバード
モラーダーバード
Morādābād

インド北部,ウッタルプラデーシュ州西部の都市。モラーダーバード県の行政庁所在地デリー東方約 155km,ラムガンガ (川) にのぞむ。 1625年にルスタム・ハーン城下町として建設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モラーダーバード

インド北部,ガンガー川の支流ラムガンガー川右岸,ウッタル・プラデーシュ州の都市。鉄道の要地で,農産物集散地。綿織物ガラス工業が行われ,装飾用真鍮器具の産もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モラーダーバード【Morādābād】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州西部の同名県の県都。首都デリーの東約180kmに位置する。人口42万9000(1991)。デリーと州都ラクナウを結ぶ鉄道,道路の要衝にある。1625年,イスラム教徒の藩主ルスタムハーンRustam Khānが,城郭都市を興し,1801年には東インド会社領に編入された。町の名は,シャー・ジャハーン帝の子のムラードに由来する。古くからシンチュウ容器の特産地として名を知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モラーダーバードの関連キーワードアリーガルカナウジウッタルプラデシュウッタラカンドラクノウウッタル・プラデーシュ[州]デーラー・ドゥーンバゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone