モラーダーバード(英語表記)Morādābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラーダーバード
Morādābād

インド北部,ウッタルプラデーシュ州西部の都市。モラーダーバード県の行政庁所在地。デリー東方約 155km,ラムガンガ (川) にのぞむ。 1625年にルスタム・ハーン城下町として建設された。伝統的に真鍮とスズの食器生産で知られ,綿織物,染色などの工業も盛ん。人口 41万 6836 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モラーダーバード

インド北部,ガンガー川の支流ラムガンガー川右岸,ウッタル・プラデーシュ州の都市。鉄道の要地で,農産物集散地。綿織物・ガラス工業が行われ,装飾用真鍮器具の産もある。古城(1625年建設),寺院(1631年)がある。88万8000人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モラーダーバード【Morādābād】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州西部の同名県の県都。首都デリーの東約180kmに位置する。人口42万9000(1991)。デリーと州都ラクナウを結ぶ鉄道,道路の要衝にある。1625年,イスラム教徒の藩主ルスタム・ハーンRustam Khānが,城郭都市を興し,1801年には東インド会社領に編入された。町の名は,シャー・ジャハーン帝の子のムラードに由来する。古くからシンチュウ容器の特産地として名を知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android