コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルドビン

2件 の用語解説(モルドビンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モルドビン

ボルガ川中流域に住むフィン・ウゴル語系の一派。モルドビアバシコルトスタンタタールスタン各共和国に住む。農業を生業とし養蜂も行う。木彫にすぐれ,歌,昔話,神話等が豊富。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルドビン
もるどびん
Mordvinian

ウラル系ボルガフィン語派モルドビン語(エルジャ語とモクシャ語)を使用している、ロシア連邦内のモルドビン共和国の主要な住民で、北部に隣接してボルガ川中流地域に住んでいるマリ(チェレミス)人とは親近関係にある。モルドバ人Mordvともよばれる。13世紀初めのロシアの記録では、かつて北のブルガス、南部のプレシュの2人の指導者のもとにそれぞれがエルジャ、モクシャの2方言に分かれたとされているが、今日では別な対ロシア語辞書がつくられているほどその方言差は大きい。森林地帯を除くと居住地の大半は可耕地であり、豆類、キャベツ、ジャガイモ、ホップ、タバコなどの農作物や、亜麻(あま)油の生産も行われてきた。16世紀以来、農奴に近い小作民としてロシア人に隷属し、帝政時代には出版物は初等教育や宗教関係のものに限られ、ロシア語での文法書以外には、最初のエルジャ語の祈祷(きとう)書が19世紀初めにモスクワで発行されているだけである。ソ連時代には自治共和国となり、ロシア連邦では、連邦内の共和国となった。両方言ともに文章語や正書法もほぼ決まって辞書もつくられ、作家たちも活躍している。首都サランスクにはモルドビン言語学、文学、歴史学、経済学各研究所が設置されて研究成果も刊行されるようになった。[菊川 丞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルドビンの関連キーワードウラル語族粉河タタールハンガリー語フィンランド語サマーラフィンウゴル語派ボルガの舟唄マジャール人クルド族

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone