コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルレー モルレー

4件 の用語解説(モルレーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルレー
モルレー

「マレー,D.」のページをご覧ください。

モルレー
モルレー
Morlaix

フランス西部,ブルターニュ半島北岸,イギリス海峡にのぞむフィニステール県の港町。ローマ時代からの町で,15~16世紀の建物,聖堂が多くみられる。深さ 60mの谷にかかる陸橋 (鉄道橋) が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モルレー Murray, David

1830-1905 アメリカの教育学者。
1830年10月15日生まれ。ラトガーズ大教授。明治6年(1873)政府にまねかれて来日し,文部省学監として文部大輔(たいふ)田中不二麿(ふじまろ)に助言。初等教育制度のほか,東京大学,女子師範とその付属幼稚園,教育博物館などの創設に協力した。12年帰国。1905年3月6日死去。74歳。ニューヨーク州出身。マレーとも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルレー
もるれー
David Murray
(1830―1905)

アメリカ人、教育家、お雇い外国人顧問。マレーともよばれた。ラトガース大学教授としてアメリカ駐在代理公使森有礼(ありのり)の質問に答えて日本教育に関する意見を寄せた。彼の意見は岩倉遣外使節一行の注目するところとなり、1873年(明治6)文部省顧問として来日した。初め督学官(のち学監)として当時文部行政の中心的地位にあった田中不二麿(ふじまろ)を助け、理想に走りすぎた「学制」の漸進的改革に務めた。その改革意見は『学監考案日本教育法』に示されている。また、欧米型ユニバーシティーの最初である東京大学の創立、東京女子師範学校および同付属幼稚園の開設に貢献したほか、東京学士院などの学術機関の整備にも尽くした。79年1月帰国し、ニューヨーク州教育局理事などを歴任した。[梅溪 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルレーの関連キーワードアメリカの学者アメリカの声キャンデルデューイアメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モルレーの関連情報