コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中不二麿 たなか ふじまろ

6件 の用語解説(田中不二麿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中不二麿

政治家。名古屋生。幕末に尊王論者として活躍。文部大丞就任後、岩倉遣外使節に理事官として随行し欧米を視察。文部大輔・司法卿・参事院副議長・イタリア公使・枢密顧問官等を務める。子爵。明治42年(1909)歿、65才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たなか‐ふじまろ【田中不二麿】

[1845~1909]政治家。愛知の生まれ。岩倉使節団に随行して欧米の教育制度を調査。帰国後、文部大輔として学制の改革を企図した教育令を制定。のち司法卿枢密顧問官・法相などを歴任。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中不二麿 たなか-ふじまろ

1845-1909 明治時代の官僚,政治家。
弘化(こうか)2年6月12日生まれ。もと尾張(おわり)名古屋藩士。明治4年岩倉遣外使節に随行して欧米の教育事情を調査。7年文部大輔(たいふ)となり,12年教育令を制定。のち司法卿,イタリア公使,フランス公使,第1次松方内閣の法相,枢密顧問官などを歴任。明治42年2月1日死去。65歳。名は不二麻呂ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たなかふじまろ【田中不二麿】

1845~1909) 明治期の文部行政官・政治家。名古屋生まれ。欧米の教育制度を調査研究し、学制および教育令の立案・実施に指導的役割を果たす。のち司法大臣などを歴任。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中不二麿
たなかふじまろ

[生]弘化2(1845).6.12. 名古屋
[没]1909.2.1. 東京
明治初期の文教行政の首脳。尾張藩士。幕末尾張藩の明倫堂の監生,助教並となり,また尊王派志士として活躍した。維新後新政府に出仕し,明治2 (1869) 年大学御用掛。同4年岩倉遣欧使節に随行し,欧米教育制度を調査,この調査は帰国後『理事功程』 15巻として刊行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

田中不二麿

1845(弘化2)-1909(明治42).愛知県名古屋市出身.教育行政家,政治家.明治初期,無料制国立図書館を設立した.尾張藩士から文部省理事官となり,岩倉使節団に随行,帰朝後,欧米の教育制度を紹介した報告書『理事功程』(1873)を刊行.その中に公共図書館の記述がある.文部省で長官代行を務め,太政官博覧会事務局に転籍されていた書籍館と博物館を文部省に取り戻して,1875(明治8)年に東京書籍館を創設,無料制を実現した.1876(明治9)年に米国建国百年祭に出席,『合衆国公共図書館特別報告書』をもとに米国の図書館事情を報告した.1879(明治12)年自由主義教育令を制定したが,翌年司法卿に転出させられた.その後,司法大臣,駐伊大使,枢密顧問官などを歴任.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone