モンク(George Monck, 1st Duke of Albemarle)(読み)もんく(英語表記)George Monck, 1st Duke of Albemarle

  • 1608―1670

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの軍人、政治家。ピューリタン革命の収拾に尽力し、王政復古を実現した。デボンシャーに生まれる。バッキンガム公のカディス(スペイン)遠征をはじめとして数多くの戦争に参加し、その武勲によって勇名をはせた。革命が始まると王党派に加わって戦ったが、捕らえられて議会派のもとでアイルランド、スコットランドの遠征に加わる。さらに海軍提督として第一次イギリス・オランダ戦争を勝利に導き、1654年にはクロムウェルの信任を得てスコットランド総督に就任した。クロムウェルの死後も共和政の存続に努力したが、中央政府の混乱に乗じてイングランドおよびスコットランドの全軍隊の司令官に就任した。そして1660年2月3日ロンドンに入り、ランプ議会への長老派議員の復帰を認めるとともに、王政復古を不可避のものとして受け入れ、その準備を整えた。その後も軍人としてイギリス・オランダ戦争に参加したが、ふたたび脚光を浴びることなく1670年に没した。(書籍版 1988年)
[小泉 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android