モンクロシャチホコ

百科事典マイペディアの解説

モンクロシャチホコ

鱗翅(りんし)目シャチホコガ科のガの1種。日本全土,朝鮮,中国,シベリア分布。開張50mm,灰白色地に褐色紋がある。幼虫サクラ,モモ,ナシ,リンゴウメなどの葉を食べる害虫土中蛹化(ようか)し,蛹(さなぎ)で越冬成虫は年1回,夏に現れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンクロシャチホコ【Phalera flavescens】

鱗翅目シャチホコガ科の昆虫。開張4.5cm内外。体翅とも明るい黄白色,前翅では基部と亜外縁部とに紫黒色斑を有するのでこの名がある。東アジアに分布し,日本では本土にふつう。幼虫は黒色で黄白色の長毛におおわれる。年1化し,秋9~10月ころサクラの木につき,ときに大発生して葉を食いつくす害虫として知られる。幼虫は地中に入ってさなぎとなり越冬し翌年夏に羽化する。【杉 繁郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンクロシャチホコ
もんくろしゃちほこ / 紋黒天社蛾
[学]Phalera flavescens

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャチホコガ科に属するガ。フナガタケムシ、サクラケムシともよばれる。はねの開張40~50ミリ。前翅は明るい灰黄色で、基部に紫黒色の紋があり、外縁部には同色の太い帯がある。後翅の外縁近くに暗色帯を薄く現すことが多い。日本本土、対馬(つしま)、台湾、隣接大陸に分布する。年1回の発生で、夏によく灯火に飛来する。幼虫はサクラ、ナシなどバラ科の害虫で、群生して大害を与えることがある。秋に土中に入って蛹化(ようか)し越冬する。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンクロシャチホコの関連情報