コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴル近代美術 モンゴルきんだいびじゅつ

1件 の用語解説(モンゴル近代美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴル近代美術
モンゴルきんだいびじゅつ

1921年~92年まで社会主義国であったモンゴルの美術は,1940年代から社会主義リアリズムの影響を強く受けた。それによってモンゴルにヨーロッパ写実絵画の技法が導入され,同時に油絵が開始されることになった。それ以前の 19世紀には伝統的な技法による絵画に「ウルガ派」が生れ,風刺や誇張を特徴としたが,こうした特徴は現在のモンゴルの油絵に再び現れている。また,リアリズムからやがて具象絵画が支配的になり,次第に多彩な様式がみられるようになった。広大な空間を感じさせる作品は特色の一つ。代表的な美術家として M.ブテムジ,T.エンフジン,R.ドゥインホルジャフらがあげられる。(→社会主義リアリズム

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンゴル近代美術の関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学チャモロ[家]バレンチノ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone