コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタヌス派 モンタヌスは Montanism

3件 の用語解説(モンタヌス派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンタヌス派
モンタヌスは
Montanism

キリスト教の異端。2世紀後半モンタヌスによりフリュギアで起った。そのためカタフリュギア派とも呼ばれる。『ヨハネによる福音書』でイエスが約束した真理の霊が預言者モンタヌスやその追従者の預言を通して語り,新しい完全な啓示を与え,まもなくキリストが再臨し,ペブザとティミウムの間に天のエルサレムが下ると説いて多くの信奉者を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モンタヌス‐は【モンタヌス派】

Montanismキリスト教の一派。2世紀中ごろ、小アジア、フリギアのモンタヌスが創唱。聖霊降下と世界の終末を預言、極端な禁欲主義を伴って北アフリカにも広まったが、教皇および正統派会議によって否定され、のち衰退。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

モンタヌスは【モンタヌス派】

キリスト教の一派。二世紀中頃に小アジアのフルギアでモンタヌスと二人の女性預言者が創唱。天国が地上に出現し、世界の終末がまもなく来ることを聖霊の言葉として預言し、それに備えて断食と厳格な性倫理を守るよう説いた。イタリアや北アフリカで勢力を得たが、異端とされ六世紀には消滅。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモンタヌス派の言及

【ドナトゥス派】より

…さらに教会と国家の癒着に反対し,非ローマ化された非定住民(キルクムケリオネスcircumcellionesと呼ばれる農民と修道士たち)を巻き込んで暴動を起こした。殉教を賛美し,終末思想にもとづいて社会変革を要求する熱狂主義は,古くから小アジアとエジプトに頻発したが(モンタヌス派やノウァティアヌス派など),ドナトゥス派もその線上にあるものとみられる。コンスタンティヌス1世はこの暴動を抑えようとして,314年にカエキリアヌスの正統性を決定し,その後弾圧を加えたが効果なく,321年に寛容令を発して和解を試みた。…

※「モンタヌス派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンタヌス派の関連キーワードキリストキリスト降誕祭基督キリスト教会耶蘇行ったきり雀キリスト教徒ムラカキリスト教会キリストの幼時キリ概

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone