コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタヌス派 モンタヌスはMontanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンタヌス派
モンタヌスは
Montanism

キリスト教の異端。2世紀後半モンタヌスによりフリュギアで起った。そのためカタフリュギア派とも呼ばれる。『ヨハネによる福音書』でイエスが約束した真理の霊が預言者モンタヌスやその追従者の預言を通して語り,新しい完全な啓示を与え,まもなくキリストが再臨し,ペブザとティミウムの間に天のエルサレムが下ると説いて多くの信奉者を得た。きびしい断食を含む道徳的厳格主義をとり,殉教を前にしての逃亡を禁じ,結婚を思いとどまらせ,再婚を禁止した。 177年頃小アジアの教会会議で排斥され,独立のセクトとなって,4世紀末まで命脈を保った。西方では 200年頃プロクルス,エスキネスを指導者とする一派が生れ,206年頃テルトゥリアヌスが加わってカルタゴに大きな勢力をつくった。彼においては秘教的性格はほとんどなく,新しいエルサレムの到来と道徳的厳格主義が強調された。モンタヌス派は西方ではテルトゥリアヌス派とも呼ばれ,8世紀初めまで命脈を保った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モンタヌス‐は【モンタヌス派】

Montanismキリスト教の一派。2世紀中ごろ、小アジア、フリギアのモンタヌスが創唱。聖霊降下と世界の終末を預言、極端な禁欲主義を伴って北アフリカにも広まったが、教皇および正統派会議によって否定され、のち衰退。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

モンタヌスは【モンタヌス派】

キリスト教の一派。二世紀中頃に小アジアのフルギアでモンタヌスと二人の女性預言者が創唱。天国が地上に出現し、世界の終末がまもなく来ることを聖霊の言葉として預言し、それに備えて断食と厳格な性倫理を守るよう説いた。イタリアや北アフリカで勢力を得たが、異端とされ六世紀には消滅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のモンタヌス派の言及

【ドナトゥス派】より

…さらに教会と国家の癒着に反対し,非ローマ化された非定住民(キルクムケリオネスcircumcellionesと呼ばれる農民と修道士たち)を巻き込んで暴動を起こした。殉教を賛美し,終末思想にもとづいて社会変革を要求する熱狂主義は,古くから小アジアとエジプトに頻発したが(モンタヌス派やノウァティアヌス派など),ドナトゥス派もその線上にあるものとみられる。コンスタンティヌス1世はこの暴動を抑えようとして,314年にカエキリアヌスの正統性を決定し,その後弾圧を加えたが効果なく,321年に寛容令を発して和解を試みた。…

※「モンタヌス派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンタヌス派の関連キーワードアシア[ローマ属州]エレウテリウス中東史(年表)至福千年説カイウスソテル公会議

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android