コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテスパン侯夫人 モンテスパンこうふじんMontespan, Françoise-Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, Marquise de

1件 の用語解説(モンテスパン侯夫人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテスパン侯夫人
モンテスパンこうふじん
Montespan, Françoise-Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, Marquise de

[生]1641.10.5. ポアトゥー,リュサックレシャトー
[没]1707.5.27/28. アリエ,ブルボンラルシャンボー
フランスルイ 14世の愛妾。 1663年モンテスパン侯と結婚。 64年王妃マリ・テレーズ付きの女官となるが,67年以来王の寵愛を得,その間に生れたメーヌ公を含め8人の子を育てた。豪奢な生活を好み,才気と美貌をもってベルサイユ宮廷社交界に君臨したが,76年に起ったブーランブリエ毒薬事件にからみ「黒ミサ」を行なった疑いで勢力を失い,マントノン夫人にその地位を奪われ,91年パリのサン・ジョゼフ女子修道院に引退し信仰生活に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンテスパン侯夫人の関連キーワードコリャード照山修理平戸オランダ商館吉良義央詩仙堂星室庁泉岳寺三筋町霊巌オランダ商館

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone