モンテスパン侯夫人(読み)モンテスパンこうふじん(英語表記)Montespan, Françoise-Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, Marquise de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「モンテスパン侯夫人」の解説

モンテスパン侯夫人
モンテスパンこうふじん
Montespan, Françoise-Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, Marquise de

[生]1641.10.5. ポアトゥー,リュサックレシャトー
[]1707.5.27/28. アリエ,ブルボンラルシャンボー
フランス王ルイ 14世愛妾。 1663年モンテスパン侯と結婚。 64年王妃マリ・テレーズ付きの女官となるが,67年以来王の寵愛を得,その間に生れたメーヌ公を含め8人の子を育てた。豪奢な生活を好み才気美貌をもってベルサイユ宮廷社交界に君臨したが,76年に起ったブーランブリエ毒薬事件にからみ「黒ミサ」を行なった疑いで勢力を失い,マントノン夫人にその地位を奪われ,91年パリのサン・ジョゼフ女子修道院に引退し信仰生活に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android