コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンテスパン侯夫人 モンテスパンこうふじんMontespan, Françoise-Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, Marquise de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテスパン侯夫人
モンテスパンこうふじん
Montespan, Françoise-Athénaïs de Rochechouart de Mortemart, Marquise de

[生]1641.10.5. ポアトゥー,リュサックレシャトー
[没]1707.5.27/28. アリエ,ブルボンラルシャンボー
フランス王ルイ 14世の愛妾。 1663年モンテスパン侯と結婚。 64年王妃マリ・テレーズ付きの女官となるが,67年以来王の寵愛を得,その間に生れたメーヌ公を含め8人の子を育てた。豪奢な生活を好み,才気と美貌をもってベルサイユ宮廷社交界に君臨したが,76年に起ったブーランブリエ毒薬事件にからみ「黒ミサ」を行なった疑いで勢力を失い,マントノン夫人にその地位を奪われ,91年パリのサン・ジョゼフ女子修道院に引退し信仰生活に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モンテスパン侯夫人の関連キーワードオルレアン公フィリップラ・バリエール公夫人トリアノンマンサールネグリジェルイ14世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android