コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンロビア・グループ Monrovia Group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンロビア・グループ
Monrovia Group

1961年5月のモンロビア会議に参加したブラザビル・グループ 12ヵ国およびリベリア,ナイジェリア,ソマリア,シエラレオネ,トーゴ,エチオピア,リビア,チュニジアの合計 20ヵ国をさして用いられる名称。この会議にはカサブランカ・グループも招請されたが,リビアを除くカサブランカ諸国がこれをボイコットしたため,結果的にはアフリカ穏健派諸国を結集した形となった。同会議は,アルジェリア問題の平和的解決,コンゴ動乱における中央政府への全面的支持,反ポルトガル解放闘争を行なっているアンゴラ人民への物質的・精神的支援,南アフリカのアパルトヘイト非難,核兵器の製造ならびに保有の禁止などの決議を採択したが,さらに,将来実現されるべきアフリカの統一を,大陸の政治的,超国家的統一ではなく,アフリカ諸国の「希求と行動の統一」として定義づけた点に重要性がある。これはカサブランカ諸国,とりわけガーナ,ギニア,マリの3国が打出していたアフリカ合衆国構想と真向から対立するものであったが,20ヵ国を擁する同グループが優位に立ち,63年5月に成立したアフリカ統一機構 OAUのなかに,統一に関するモンロビア原則のほとんどを持込むことに成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モンロビア・グループの関連キーワードカサブランカ(モロッコの地名)コートジボワールアフリカ首脳会議汎アフリカ主義タブマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android