ヤオハンジャパン[株](読み)ヤオハンジャパン

百科事典マイペディアの解説

ヤオハンジャパン[株]【ヤオハンジャパン】

国際流通グループ〈ヤオハン〉を展開した企業。1930年熱海市に八百半商店を創業。1955年八百半食品デパートに改称。1962年八百半デパートを設立(八百半食品デパートから営業権を譲渡)。1991年ヤオハンジャパンに改称。海外に積極的に進出。特に中国進出に注力し上海にアジア最大の百貨店を開店したが,オーナーの拡大路線が債務超過を招き,1997年9月に会社更生法を申請し倒産。ジャスコ(現イオン)の支援を受け再建中の1998年粉飾決算が明らかになり,和田晃昌元社長らが逮捕された。2000年ジャスコ完全子会社となり,社名もヤオハンに,さらに2002年マックスバリュ東海に社名変更。イオングループの一員として静岡を中心に食品スーパーマーケット40数店舗を運営している。2004年7月マックスバリュ東海は東証2部に再上場した。本社静岡県長泉町。2011年資本金21億円,2011年2月期売上高1564億円。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android