コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブキリ Tettigonia orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブキリ
Tettigonia orientalis

直翅目キリギリス科。日本産キリギリス類では大型で,体長 30~37mm。緑色型が多いが,ときに暗褐色型もある。緑色型では体の背面が褐色を帯びる。複眼は丸く,顔面より突出する。前胸背はあまり長くない。前翅は長く,先端が丸みを帯びて後肢腿節の先端をこえる。また,前翅基部には発音器が目立つ。前肢と中肢は太く,後肢は長大。雌の産卵管は剣状で,先は鋭い。成虫は初夏に現れ,日中ならびに夜間,樹上で「しゅるるる」と強く鳴く。肉食性で,咬みつくこともある。本州,四国,九州に分布する。 (→キリギリス , 直翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブキリ
やぶきり / 藪螽・藪切
great green bush-cricket
[学]Tettigonia orientalis

昆虫綱直翅(ちょくし)目キリギリス科に属する昆虫。キリギリスに近縁の種であるが、樹上を好む点でキリギリスとは異なる。キリギリスほどの大きさで、全体明るい緑色。体長30~37ミリメートル。体の背面部は褐色がかり、とくに前胸背板の上面は褐色が強い。複眼は球形でやや突出する。前後翅とも長く、前翅の発音器はよく発達している。雌の産卵管は長く剣状。成虫は初夏から出現し、夏の間みられる。雄はシュルルルと強く鳴くが、鳴き方にいくつかの型があり、また亜種も知られている。夜行性の性質が強いが、日中鳴いていることもある。食性は肉食性。北海道南部以南、台湾にまで分布する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤブキリの関連キーワード螽斯・螽蟖・蟋蟀管巻き・管巻クダマキセミ管巻

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤブキリの関連情報