鋭い(読み)スルドイ

デジタル大辞泉「鋭い」の解説

するど・い【鋭い】

[形][文]するど・し[ク]《形容動詞「するど」の形容詞化》
物の先が細くてとがっている。また、刃物の切れ味がよい。「―・いきば」「―・いナイフ」⇔鈍い
感覚が鋭敏である。反応が速い。また、判断力がすぐれている。「嗅覚が―・い」「―・い洞察力」「勘が―・い」「目の付け方が―・い」⇔鈍い

㋐物に向かっていく勢いが激しくて強い。「―・いパンチをかます」「―・い攻撃」
㋑勢いが激しくて、人の心を突き刺すようである。きびしい。「語調が―・い」「―・い目付きだ」「―・い批判」
㋒人の感覚を刺激する力が強い。「―・い叫び声をあげる」「―・い痛みが走る」「―・い光が目を射る」⇔鈍い
[派生]するどさ[名]
[類語](1先鋭鋭利シャープ/(2さと鋭利鋭敏敏感明敏慧敏けいびん犀利さいり機敏俊敏賢い目聡い賢しい過敏炯眼けいがん利口利発聡明怜悧穎悟えいご英明賢明シャープ/(3きびしい強烈痛烈きつい厳格厳重厳酷厳正冷厳峻厳しゅんげん峻烈しゅんれつ苛酷かこくこく容赦ようしゃない仮借かしゃくない険しい激しいひどい手痛い手厳しい手ひどいこっぴどい辛辣しんらつびしっとシビアすさまじい猛烈強烈苛烈熾烈しれつ強い強力強大無敵最強力強い手強い

すすど・い【鋭い】

[形][文]すすど・し[ク]
動作が機敏である。すばしこい。
「―・い馬かは知れませぬが優美な毛色ではありません」〈露伴・暴風裏花〉
機をみるに敏である。するどく賢い。また転じて、言動に抜け目がない。わるがしこい。
「そう云やどこか眼の中に、―・い所があるようだ」〈芥川・鼠小僧次郎吉〉
「若年の時より―・く、無用の欲心なり」〈浮・胸算用・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android