コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋭い ススドイ

4件 の用語解説(鋭いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すすど・い【鋭い】

[形][文]すすど・し[ク]
動作が機敏である。すばしこい。
「―・い馬かは知れませぬが優美な毛色ではありません」〈露伴・暴風裏花〉
機をみるに敏である。するどく賢い。また転じて、言動に抜け目がない。わるがしこい。
「そう云やどこか眼の中に、―・い所があるようだ」〈芥川鼠小僧次郎吉
「若年の時より―・く、無用の欲心なり」〈浮・胸算用・五〉

するど・い【鋭い】

[形][文]するど・し[ク]《形容動詞「するど」の形容詞化》
物の先が細くてとがっている。また、刃物の切れ味がよい。「―・い牙(きば)」「―・いナイフ」⇔鈍い
感覚が鋭敏である。反応が速い。また、判断力がすぐれている。「嗅覚が―・い」「―・い洞察力」「勘が―・い」「目の付け方が―・い」⇔鈍い

㋐物に向かっていく勢いが激しくて強い。「―・いパンチをかます」「―・い攻撃」
㋑勢いが激しくて、人の心を突き刺すようである。きびしい。「語調が―・い」「―・い目付きだ」「―・い批判」
㋒人の感覚を刺激する力が強い。「―・い叫び声をあげる」「―・い痛みが走る」「―・い光が目を射る」⇔鈍い
[派生]するどさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すすどい【鋭い】

( 形 ) [文] ク すすど・し
挙動・性質などが機敏である。するどい。 「九郎は-・きをのこにてさぶらふなれば/平家 11
かしこくて、行動に移すのがす早い。 「若年の時より-・く無用の欲心なり/浮世草子・胸算用 5
抜け目がない。わるがしこい。 「諸鳥までも、斯く奥筋は-・し/浮世草子・諸国はなし 4

するどい【鋭い】

( 形 ) [文] ク するど・し
〔形容動詞「するど(鋭)」の形容詞化〕
とがっている。刃物などがとがっていてよく切れる。鋭利だ。 「 - ・い刀」 「 - ・い針」 「 - ・い岩角」
人の心や感覚に強く突きささるような勢いがある。はげしい。 「 - ・い語気」 「 - ・い目つき」 「 - ・い金属音」
動作などがすばやい。 「動きが-・い」
感覚や頭脳のはたらきなどが非常にすぐれている。鋭敏だ。 「 - ・い感受性」 「 - ・い批評」
非情だ。冷淡だ。とげとげしい。 「 - ・く見ゆる取手ども、…人は互ひ、両方名残り惜しませよ/浄瑠璃・博多小女郎
▽↔ にぶい
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋭いの関連キーワード自立語活用語妬い異なりいそそかし・いたらし・いな・いめかし・いめ・く柔らかい

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鋭いの関連情報