ヤマルリソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマルリソウ
やまるりそう / 山瑠璃草
[学]Omphalodes japonica (Thunb.) Maxim.

ムラサキ科の多年草。全体に開出する粗毛がある。茎は基部は短くはって斜上し、高さ10~20センチメートル。根出葉は倒披針(とうひしん)形で先はとがり、基部はしだいに狭くなって柄となる。4~5月、茎頂に淡青色の5弁花を上向きに開く。分果は平滑で、刺(とげ)はない。丘陵から山地の林内に生え、福島県以南の本州から九州に分布。分果に刺の出る変種をトゲヤマルリソウという。名は、ルリソウに似ており、山地に生えることによる。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマルリソウの言及

【ルリソウ】より

…日本には4種が知られている。ヤマルリソウO.japonica (Thunb.) Maxim.(イラスト)はロゼット状の根出葉がよく発達し,花茎は基部が倒伏する。花は淡青色。…

※「ヤマルリソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android