コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤークーブ・ベク Ya‘qūb Beg

世界大百科事典 第2版の解説

ヤークーブ・ベク【Ya‘qūb Beg】

1820ころ‐77
東トルキスタン(新疆)の支配者。ホーカンド・ハーン国の生れ。1865年初頭,カシュガル・ホジャ家(ホジャ家)の末裔ブズルグ・ハーンの副官として,清朝支配に対する反乱の渦中にあった新疆に侵入。さらにブズルグを追放して,ホーカンドからの亡命者を主軸とするイスラム教政権を樹立し,イリ(伊犂)地方を除く新疆のほぼ全域を支配した。またロシア,イギリスと通商条約を結び,オスマン帝国宗主権を認めて,国際的承認を求めたが,清将劉錦棠麾下(きか)の再征服軍を目前にして,新疆東部のコルラで,おそらくは卒中のために死亡。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤークーブ・ベクの言及

【回教徒蜂起】より

…この陝甘の反乱は新疆に波及し,当地の中国人イスラム教徒(東干つまりドゥンガン)は64年にウルムチで乱を起こした。ウイグル人ヤークーブ・ベクは,65年に清朝軍を撃ってカシュガルに進入し,ドゥンガンをも圧して西部4城にイスラム政権を樹立し,ロシアはこの機に乗じてイリを占領した。ドゥンガンの反乱は77年(光緒3)までに左宗棠により討滅され,新疆はその後清朝の植民地統治を受けた。…

※「ヤークーブ・ベク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤークーブ・ベクの関連キーワードカシュガル・ホジャ家喀什噶爾クルレ左宗棠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android