コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユノハナガニ ユノハナガニGandalfus yunohana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユノハナガニ
Gandalfus yunohana

軟甲綱十脚目ユノハナガニ科 Bythograeidae。甲幅 4cmほど,白色で横長の楕円形。甲面に凹凸はなく,前後左右に一様に弱く湾曲する。眼は完全に退化し,眼窩だけが残っている。伊豆諸島沖,フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界域から知られ(→海洋プレート),温水域付近に群れている。温泉の湯の華のような印象を与えるのが和名の由来である。ユノハナガニ科は,1980年にガラパゴスユノハナガニ Bythograea thermydronガラパゴス諸島沖深海の熱水鉱床から新種,新属,新科,新上科として報告されて以来,大西洋から 1属 1種,インド洋太平洋から 4属 13種が記載されている。いずれも温水あるいは熱水が噴き出している深海底に生息している。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユノハナガニの関連キーワード化学合成生物群集海洋資源甲類

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android