コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリウス1世 ユリウスいっせいJulius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリウス1世
ユリウスいっせい
Julius I

[生]?. ローマ
[没]352.4.12.
ローマ出身の第35代教皇(在位 337~352)。聖人。正統信仰とニカイア信条の支持者の筆頭として,キリストは人間であり神性をもたないとする異端,アリウス派に対抗した。アリウス派によってアレクサンドリアの司教座から罷免され追放されたアタナシウスを,339年ローマに保護した。そののち,西方教会の司教を反アリウス派で結集しようと,342年から 343年にサルディカ(ブルガリアのソフィア)で教会会議を招集した。この教会会議で,司教座の保持の適法性を判断する権利が認められ,教会内部での教皇の権力は強化された。これをうけて,アタナシウスの地位を回復し,アリウス派からの批判に論駁した。ユリウス1世の書簡は,アタナシウスの『アリウス派反駁論』Orationes contra Arianosに収められている。祝日は 4月12日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユリウス1世の関連キーワードサンタマリアイントラステベレ聖堂

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android