コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーグ・カペー Hugues Capet

1件 の用語解説(ユーグ・カペーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユーグ・カペー【Hugues Capet】

938ころ‐996
カペー朝の始祖,フランス王。在位987‐996年。ロベール家ユーグ・ル・グランの子。父と同じく〈フランス公〉を称していたが,カロリング家最後の西フランク王ルイ5世の死とともに,聖俗諸侯に選挙され,ノアイヨンでフランス王位に就いた。即位後まもなく,彼のライバルであったカロリング系のロレーヌシャルルとたたかい,ランス大司教アダルベロンの支持もあって,カペー家の勝利を不動のものとした(991)。彼が支配した領地はイル・ド・フランスに局限されていたが,パリとオルレアンの周辺に所領の中核を形成したこと,ランス大司教によって聖祓され,超越的権威を賦与されたことが,カペー王朝の礎石として重要な意味をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のユーグ・カペーの言及

【カペー朝】より

…フランスの王朝。987年,ルイ5世の死によって西フランクにおけるカロリング家の血統が絶え,フランス公のロベール家からユーグ・カペーが選立されて王位についたのに始まる。以後シャルル4世がカペー家直系の男子相続人なしに死亡する1328年までフランスに君臨した王朝で,この王朝の誕生とともにフランス国家の歴史が始まった。…

【パリ】より

…このノルマン人の攻撃に対してパリを防衛した指導的人物のパリ伯ウードは,888年にフランク国王になる。この子孫のユーグ・カペーが987年に聖俗貴族の集会で推挙されてカペー王朝が成立すると,パリは新しい発展の段階を迎える。
【中世】

[ルーブル宮とパリ大学の創建]
 カペー朝のルイ6世(在位1108‐37)の頃より,パリは国王の恒常的な居住地となった。…

※「ユーグ・カペー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユーグ・カペーの関連キーワード高等法院西フランク王国パフラビー朝フィリップヘンリーカペー朝ユーグカペーカペーザロコペーペーズリー修道院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone