カペー朝(読み)カペーチョウ

  • Capet
  • Captiensフランス語
  • カペーちょう ‥テウ
  • カペーちょう〔テウ〕

百科事典マイペディアの解説

フランスの王朝。カロリング朝末期,ノルマン人の侵入で王権が無力化し,987年諸侯はイル・ド・フランス公ユーグ・カペーを国王に推戴(すいたい)し,ローマ教皇もこれを承認して,カペー朝が開かれ,カペー家の後継者が絶えた1328年まで続いた。初期は封建諸侯が強力で王権が振るわなかったが,ルイ6世(肥満王,在位1108年―1137年)の時代からやや権威を高めフィリップ2世(在位1180年―1223年),ルイ9世(在位1226年―1270年)時代に強力な王朝となった。フィリップ4世(在位1285年―1314年)はフランス最初の絶対主義君主として封建諸侯と教会の二大勢力を押さえ,近世国家の基礎を固めたが,その子シャルル4世(在位1322年―1328年)に男系後継者が絶え,傍系のバロア家から王が立つようになった。→バロア朝
→関連項目アンジュー[家]エドワード[3世]西フランク王国パリ百年戦争フランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランスの王朝。987年,ルイ5世の死によって西フランクにおけるカロリング家血統が絶え,フランス公のロベール家からユーグ・カペーが選立されて王位についたのに始まる。以後シャルル4世がカペー家直系の男子相続人なしに死亡する1328年までフランスに君臨した王朝で,この王朝の誕生とともにフランス国家の歴史が始まった。
[成立と権力基盤]
 カペー家les Capétiensはその登極以前に,ライン地方から移ってきた北フランスの豪族ロベール・ル・フォールRobert le Fort(?‐866)を始祖とするロベール家の前史をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

中世フランスの王朝(987~1328)。カロリング朝の断絶後パリ伯ユーグ=カペー(Hugues Capet)が開いた。初めパリ周辺に限られた勢力にすぎなかったが、次第にフランスの統一に成功。広義には、傍系のバロア朝・ブルボン朝を含めていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

987年に王位についたユーグ・カペー以来、1328年に男子相続人なしに死亡したシャルル4世まで、フランスに君臨した王朝。この王朝の前身は北フランスの豪族ロベール・ル・フォールを始祖とし、ほぼ1世紀にわたって西フランク王位をカロリング家と争ったロベール家。カペー朝成立当時、フランスにおける国家権力は一貫して解体の方向をたどり、領邦やシャテルニー(城主支配領)が分立する封建化の過程が進行した。初期カペー家の領土は、パリ地方とオルレアン地方に局限されていたが、フランスの政治的枢軸を押さえていただけに、他の大諸侯に比べて地の利があった。また血統に由来する王権の正統性を主張できなかったので、もっぱら教会による聖別に正統性の証(あかし)を求め、諸侯の忠誠を確保しようと図った。しかし、この点では、歴代国王が男子に恵まれ、王位の世襲化に成功したことが評価される。
 カペー家の直轄支配領の増大と集中化が進むのは、ルイ6世とルイ7世のときで、新村の開発、市場の設定、都市化の促進がみられる。次のフィリップ2世の時代には、前代にプランタジネット家の領有に帰していた西フランスの諸地方(ノルマンディー、アンジュー、メーヌ、ポアトゥー)の奪回、アルビジョア十字軍による南フランスの王領化、大諸侯領の都市コミューヌへの王権の浸透などが注目される。封建制と王政とを一体化した「封建王政」の確立はルイ9世の治世で、地方行政における有給官僚(バイイやセネシャル)の組織が整い、最高法院や会計院が国王会議から分離、独立する。フィリップ4世の治世ともなると、前代の正義と平和の理想主義的な政治理念よりも、支配の客観化(王国基本法、国王評議会と三部会)の進展とともに、現実主義的政策が表面化する。ローマ教皇のアビニョン移住(1309)、テンプル騎士団の解散(1312)などは、そうした政策の現れである。[井上泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(カペーはCapet) 西フランク王国の王朝。九八七年、パリ伯ユーグ=カペー(Hugues Capet)がカロリンガ朝を継いで創始。初期には分権的封建制で王権は弱かったが、一三世紀初め、イギリスのプランタジネット王家からフランス西半部を取り戻し、中央集権化を進めて発展。一三二四年バロア家に代わった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

987〜1328
フランスの王朝
カロリング朝の滅亡後,パリ伯ユーグ=カペーが諸侯に選ばれ王位についたことから始まり,シャルル4世で断絶し,14世紀に傍系ヴァロワ朝が継いだ。パリに都し,フランス王を称したが,初め微力だった。ルイ6世ごろより王権が伸張し,一時イギリスに領地を奪われたが,フィリップ2世(尊厳王)がイギリス王ジョンから,ノルマンディーアンジューなどを回復。ルイ9世(聖ルイ)からフィリップ4世(端麗王)にいたり全盛期をむかえ,フランスは絶対王政へと進んでいくことになった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のカペー朝の言及

【フランス】より

…【田辺 裕】
【歴史】
いまここでその歴史を扱おうとする〈フランス〉なる存在は,最初から一つにまとまった国であったのでもなければ,単一の文化を構成していたのでもない。フランスという名称がフランク族に由来し,領域名としては9世紀のカロリング朝の分割から生まれた西フランクFrancia occidentalisに発するとはいえ,カペー朝の国王がフランク人の王Roi des Francsからフランスの王Roi de Franceと称するようになったのは,13世紀初めのことにすぎなかった。〈フランス〉なるものは,その国家も社会も文化も,長い歴史を通じて,多種多様な要素の衝突,交錯,融合のなかから,徐々に形づくられてきたのであった。…

※「カペー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android