ユーターン

精選版 日本国語大辞典「ユーターン」の解説

ユー‐ターン

〘名〙 (U-turn)
自動車などがUのを描くように旋回して逆戻りすること。
※自動車の話(1953)〈岩波書店編集部〉「Uターンといい、いって戻るターンをしたとか」
② もとの場所やもとの状態に戻ること。「ユーターン就職」
※からだの手帖(1965)〈高橋長雄〉反射脊髄のところでUターンして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ユーターン」の解説

ユー‐ターン(U-turn)

[名](スル)
進行中の自動車が、路上でU字形に方向転換をすること。「ユーターン禁止」
もとの場所やもとの状態に逆戻りすること。「就職を機に故郷ユーターンする」「ユーターン現象」
[類語]引き返す帰る戻る折り返す取って返すきびすを返す折り返しとんぼ返りターン回れ右

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android