蜻蛉返り(読み)トンボガエリ

デジタル大辞泉 「蜻蛉返り」の意味・読み・例文・類語

とんぼ‐がえり〔‐がへり〕【蜻蛉返り/筋斗返り】

[名](スル)トンボが飛びながら、軽く身をひるがえして後ろへ戻るところから》
地面をけって、空中でからだを1回転させること。「床の上で―してみせる」
ある場所に行って用を済ませ、すぐに戻ってくること。「出張先から一日で―する」
とんぼ3」に同じ。
[補説]「とんぼ帰り」と書くのは誤り。
[類語](1宙返りもんどりとんぼでんぐり返る/(2引き返す帰る戻る折り返す取って返すきびすを返す折り返しターンユーターン回れ右

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「蜻蛉返り」の意味・読み・例文・類語

とんぼ‐がえり‥がへり【蜻蛉返・筋斗返】

  1. 〘 名詞 〙 ( 勢いよく飛んでいたトンボが、急に後ろへ身をひるがえすさまからいう。「とんぼかえり」とも )
  2. 空中で身体を回転させること。宙返りをすること。また、両手・両足を開いて、身体を車輪のように横へ回転させていく遊戯。とんぼうがえり。
    1. [初出の実例]「浮鴨の頭からげの水櫛ぞ〈才麿〉 筋斗(トンホカヘリ)を胡(きた)のたはぶれ〈其角〉」(出典俳諧・たれが家(1690)二)
    2. 「きん所のともだち子共十四五人、大かぐらやらとんぼがへりやら、こころまかせにくるはして」(出典:咄本・軽口機嫌嚢(1728)二)
  3. ある場所へ、行ってすぐひき返してくること。とんぼうがえり。
    1. [初出の実例]「一家不残(のこらず)とんぼがへりして湊に出むかひ」(出典:浮世草子・御前義経記(1700)八)
  4. 剣術の刀法の一つ。誘い太刀を打ってすばやく後に引き、相手がつけ込んで打ち掛けるとき、とび違って刀を返しざまにこれを斬る方法。とんぼうがえり。とぼうがえり。
    1. [初出の実例]「とんぼかへり水車、ひきょくをつくしのらせ給へば」(出典:説経節・をくりの判官(1718頃か)せみやう)
  5. 歌舞伎で、切られたり投げられたりした役者が宙返りをすること。とんぼうがえり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android