蜻蛉返り(読み)トンボガエリ

デジタル大辞泉「蜻蛉返り」の解説

とんぼ‐がえり〔‐がへり〕【蜻蛉返り/筋斗返り】

[名](スル)トンボが飛びながら、軽く身をひるがえして後ろへ戻るところから》
地面をけって、空中でからだを1回転させること。「の上で—してみせる」
ある場所に行って用を済ませ、すぐに戻ってくること。「出張先から一日で—する」
とんぼ3」に同じ。
[補説]「とんぼ帰り」と書くのは誤り。
[類語](1宙返りもんどりとんぼでんぐり返る/(2引き返す帰る戻る折り返す取って返すきびすを返す折り返しターンユーターン回れ右

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android