コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戻る モドル

2件 の用語解説(戻るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もど・る【戻る】

[動ラ五(四)]
もとの場所に帰る。「家に―・る」「席に―・る」
進んだ方向と逆の方向へ引き返す。「来た道を―・る」
もとの状態にかえる。旧に復す。「よりが―・る」「振り出しに―・る」
本来の持ち主のもとに返る。「貸した金が―・る」「税金が―・る」
得た利益がなくなる。
「夜業(よなべ)さしよにもこの油の高さでは、儲ける程皆―・る」〈浄・女腹切
[可能]もどれる
[用法]もどる・かえる――「八時までには戻り(帰り)なさい」「昨日は家に戻ら(帰ら)なかった」など、はじめにいた所へ引き返す意では相通じて用いられる。◇「戻る」には移動の途中で出発点に引き返す意がある。「忘れ物に気づいて駅へ戻る」「山で迷ったら来た道を戻るにかぎる」◇「戻る」には、もとの状態になる意もある。「盗まれた自転車が戻った」「夫婦のよりが戻る」◇「帰る」は、出先からもとの所へ行くの意がある。「門限がうるさいからもう帰るよ」「天涯孤独で帰るべき家もない」などでは「帰る」がふさわしい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もどる【戻る】

( 動五[四] )
ある場所から離れて、再びもとの場所に帰り着く。また、もとの場所の方向へ引き返す。帰る。 「家に-・る」 「行きつ-・りつする」 「いま来た道を-・る」 「自分の席に-・りなさい」
持ち主や本来あった場所に返される。 「財布が-・った」 「貸した本がやっと-・ってきた」
以前の状態に再びなる。旧に復する。 「村に平和が-・った」 「意識が-・る」
[可能] もどれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戻るの関連キーワード帰府陣取る帰る帰座漕ぎ帰る立戻る逃帰る引移る踏入る持帰る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戻るの関連情報