コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戻る モドル

デジタル大辞泉の解説

もど・る【戻る】

[動ラ五(四)]
もとの場所に帰る。「家に―・る」「席に―・る」
進んだ方向と逆の方向へ引き返す。「来た道を―・る」
もとの状態にかえる。旧に復す。「よりが―・る」「振り出しに―・る」
本来の持ち主のもとに返る。「貸した金が―・る」「税金が―・る」
得た利益がなくなる。
「夜業(よなべ)さしよにもこの油の高さでは、儲ける程皆―・る」〈浄・女腹切
[可能]もどれる
[用法]もどる・かえる――「八時までには戻り(帰り)なさい」「昨日は家に戻ら(帰ら)なかった」など、はじめにいた所へ引き返すでは相通じて用いられる。◇「戻る」には移動の途中で出発点に引き返す意がある。「忘れ物に気づいて駅へ戻る」「山で迷ったら来た道を戻るにかぎる」◇「戻る」には、もとの状態になる意もある。「盗まれた自転車が戻った」「夫婦のよりが戻る」◇「帰る」は、出先からもとの所へ行くの意がある。「門限がうるさいからもう帰るよ」「天涯孤独で帰るべき家もない」などでは「帰る」がふさわしい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もどる【戻る】

( 動五[四] )
ある場所から離れて、再びもとの場所に帰り着く。また、もとの場所の方向へ引き返す。帰る。 「家に-・る」 「行きつ-・りつする」 「いま来た道を-・る」 「自分の席に-・りなさい」
持ち主や本来あった場所に返される。 「財布が-・った」 「貸した本がやっと-・ってきた」
以前の状態に再びなる。旧に復する。 「村に平和が-・った」 「意識が-・る」
[可能] もどれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戻るの関連キーワードダル・セーニョ[dal segno(伊)]ダ・カーポ[da capo(伊)]フォトクロミックレンズフェルミの再帰現象行き戻り・行戻りクラップスケート元の鞘に収まる平均値への回帰六十の三つ子形状記憶合金モルデント息を切らす熱が冷める取って返す白紙に返る帰り着く一時帰国弾性変形完全弾性馳せ戻る

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戻るの関連情報