戻る(読み)モドル

デジタル大辞泉「戻る」の解説

もど・る【戻る】

[動ラ五(四)]
もとの場所に帰る。「家に—・る」「席に—・る」
進んだ方向との方向へ引き返す。「来た道を—・る」
もとの状態にかえる。に復す。「よりが—・る」「振り出しに—・る」
本来の持ち主のもとに返る。「貸した金が—・る」「税金が—・る」
得た利益がなくなる。
夜業よなべさしよにもこの油の高さでは、儲ける程皆—・る」〈女腹切
[可能]もどれる
[用法]もどる・かえる——「八時までには戻り(帰り)なさい」「昨日は家に戻ら(帰ら)なかった」など、はじめにいた所へ引き返すでは通じて用いられる。◇「戻る」には移動の途中で出発点に引き返す意がある。「忘れ物に気づいて駅へ戻る」「山で迷ったら来た道を戻るにかぎる」◇「戻る」には、もとの状態になる意もある。「盗まれた自転車が戻った」「夫婦のよりが戻る」◇「帰る」は、出先からもとの所へ行くの意がある。「門限がうるさいからもう帰るよ」「天涯孤独で帰るべき家もない」などでは「帰る」がふさわしい。
[類語](1)(2帰る引き返す折り返す取って返すきびすを返す折り返しとんぼ返りターンユーターン回れ右/(3なおる返るよみがえる復するやり直すやり返す持ち直す立ち返る立ち直る舞い戻る回復

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android