コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)返す ヒキカエス

デジタル大辞泉の解説

ひき‐かえ・す〔‐かへす〕【引(き)返す】

[動サ五(四)]
進んできた道をもとへ戻る。ひっかえす。「途中で―・す」
もとの状態に戻る。昔のようになる。
「まだ(琴ノ)調べも変はらず、―・し、その折、今の心地し給ふ」〈・松風〉
繰り返す。反復する。
「御文を、うちも置かず―・し―・し見ゐ給へり」〈・宿木〉
裏返す。ひっくりかえす。
「畳、ところどころ―・したり」〈・須磨〉
すぐにもとへ戻す。折り返す。
「―・し一筆書きて助光が手に渡し給へば」〈太平記・二〉
(連用形を副詞的に用いて)うってかわって。
「とけ難かりし御気色をおもむけ聞こえ給ひて後、―・しなのめならむは、いとほしかし」〈・夕顔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引(き)返すの関連キーワードタンザニア=ウガンダ紛争アダム・ビード松平忠優猿の生肝捨て鞭助光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android