コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨシカルオラ Ioshkar-Ola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨシカルオラ
Ioshkar-Ola

1919年までツァレボコクシャイスク Tsarevokokshaisk,19~27年はクラスノコクシャイスク Krasnokokshaisk。ロシア西部,マリエル共和国の首都。ニジニーノブゴロド (旧ゴーリキー) の東北東約 250kmにあり,ボルガ川支流マラヤコクシャガ川にのぞむ。 1578年建設され,84年要塞がつくられたが,交通の便の悪い地域にあったため,発展が遅れた。 1936年自治共和国の首都となって以降発展し,現在マリエル共和国の行政,経済,文化の中心地となっている。機械工業 (電機,工作機械) が発達しており,木材加工,食品,家具などの工業も立地している。マリ大学 (1972) ,工科大学,言語・文学・歴史研究所,劇場などの教育・文化施設がある。ハイウェーの分岐点で,ニジニーノブゴロドとカザンを結ぶ幹線鉄道からの支線が延びる。空港もある。現市名はマリ語で「赤い都市」の意。人口 24万8688(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨシカルオラの関連キーワードボルジスク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android