コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨシノボリ(葭登) ヨシノボリ common freshwater goby

1件 の用語解説(ヨシノボリ(葭登)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨシノボリ【ヨシノボリ(葭登) common freshwater goby】

スズキ目ハゼ科の魚(イラスト)。朝鮮半島,台湾,アジア大陸東部に分布し,日本の全国各地にふつうに見られ,ゴリ(近畿地方)をはじめ地方名も数多い。体色は全体に黄褐色ないし灰褐色をなしさまざまな斑紋が見られるが,地域によって著しく異なる。また,生息域も河川,湖沼,れき地,泥地とさまざまである。胸びれが大きく,上端3~4条は膜から遊離している。雄の成魚では第1背びれが長い。産卵期は6~8月ころで,雄は体色が黒くなり,背びれの先端が赤くなる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヨシノボリ(葭登)の言及

【琵琶湖】より

…ニゴロブナとゲンゴロウブナ,ホンモロコ,ビワコオオナマズとイワトコナマズ,イサザがそれで,それぞれ日本各地に広く分布するキンブナ,タモロコ,マナマズ,ウキゴリから,琵琶湖の広い沖帯を利用すべく進化したものである。またビワマスはアマゴとはすでにかなり異なっているし,アユ,カジカ,ヨシノボリも琵琶湖にすむものと他水域のものとはいくらか違っている。これらは現在種分化の途中にあるものであろう。…

※「ヨシノボリ(葭登)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨシノボリ(葭登)の関連キーワード朝鮮半島ハゼ朝鮮烏跳鯊葉血引真鯊藁素坊顎沙魚沙魚キグチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone