コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミジンコ ミジンコ Daphnia pulex

3件 の用語解説(ミジンコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミジンコ
ミジンコ
Daphnia pulex

鰓脚綱双殻目ミジンコ科 Daphniidae。体長 1.5~2.5mm。外形は変化に富むが基本的には広卵円形。半透明でやや黄色を帯びるが,ときに淡紅色の個体も見られる。頭部は幅広く,腹面がくぼむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミジンコ

鰓脚(さいきゃく)類枝角目の甲殻類の総称,またはそのうちの1種を指す。ミジンコ科に属するミジンコは体長1.2〜2.5mmくらい,雄は少し小さい。甲は卵形で尾節は突出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミジンコ
みじんこ / 微塵子
[学]Daphnia pulex

節足動物門甲殻綱枝角(しかく)目ミジンコ科に属するプランクトン。各地の浅い池や湖にすみ、日本全国のほか世界各地に広く分布する。体長1~2.5ミリで、雄のほうが小さい。体は卵円形の二枚の殻で包まれている。殻は背面で合一し、腹面で開いている。頭部は幅広く、その背縁は丸いが、腹縁は弱く、個体によってはかなり強くへこんでいる。殻の後端に発達する殻刺は長くても殻長の4分の1くらいで、ごくまれにないことがある。複眼は左右が合一し、大きい。第一触角は小さくて吻端(ふんたん)に達しないが、第二触角は大きくて二叉(にさ)しており、遊泳に役だつ。雄では第一触角は不動で、先端に嗅毛束(きゅうもうそく)のほかに長い鞭毛(べんもう)が1本ある。
 夏には雌だけで30個以上の卵を産み、背中側の育房に収める。これらの卵はすべて雌となって水中に泳ぎ出るが、これがいわゆる単為生殖による夏卵(なつらん)である。ところが温度が下がってくると雌は1、2個の大形の卵も産み、本来、雌になるはずの小さな卵のうちから雄が生まれて両性生殖が行われる。その結果産み出された受精卵は厚い卵膜に覆われているが、さらに卵殻包とよばれる母体の脱皮殻で包まれているため、乾燥や寒さに対して強い抵抗力をもつ。これが冬卵(ふゆらん)で、耐久卵ともよばれる。環境変化が規則正しい大きな湖ではこのような世代交代は年1回で(単輪回性)、晩秋に冬卵を産み、翌春に単為生殖をする雌が孵化(ふか)するが、環境変化が激しい池などでは年2回以上の世代交代がおこる(多輪回性)。
 枝角目は多くの科に分けられているが、ほとんど淡水産、一部海産で、すべてミジンコと総称される。一般的な外形や生態はいわゆるミジンコに似ており、いずれも魚類の天然餌料(じりょう)として重要である。なお、ケンミジンコとよばれる仲間はカラヌス目に属し、真のミジンコ類とは分類学的には遠い。長楕円(だえん)形の分節した体をもち、二枚の殻で包まれることがなく、世代交代もおこらない。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミジンコの関連キーワードゾウミジンコノロミジンコ粉微塵微塵粉微塵骨灰微塵子エボシミジンコタマミジンコマルカイミジンコ(丸介微塵子)ミジンコ(微塵子)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミジンコの関連情報