ヨハネ・パウロ(1世)(読み)よはねぱうろ(英語表記)Johannes Paulus

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヨハネ・パウロ(1世)」の解説

ヨハネ・パウロ(1世)
よはねぱうろ
Johannes Paulus
(1912―1978)

正式にはヨハネス・パウルス。第263代ローマ教皇。本名アルビノ・ルチアーニAlbino Luciani。北イタリア、ベルーノに近いフォルノ・ディ・カナレに生まれる。1935年に司祭となり、1969年パウルス6世によって、ベネチアの総大司教に、4年後、枢機卿(すうききょう)に任命された。1978年、パウルス6世死去に伴う教皇選挙で、8月26日、教皇に選出され、9月3日就任したが、同月29日、心臓発作のため死去、在位わずか34日であった。

[大谷啓治 2017年12月12日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android