コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨルバ語 ヨルバご Yoruba language

4件 の用語解説(ヨルバ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨルバ語
ヨルバご
Yoruba language

ナイジェリアに 1800万人以上の話し手をもつ言語。ニジェール=コルドファン語族クワ諸語の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨルバ語【ヨルバご】

ニジェール・コンゴ語派に属するヨルバ人の言語。オヨ方言が最も勢力をもち,初等教育に用いられているほか,種々の雑誌・新聞が出版されている。ナイジェリア南西部からトーゴにかけて1500万人が話す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ヨルバご【ヨルバ語】

ニジェール-コンゴ語族クワ語派東クワ諸語に属する言語。ナイジェリア南西部からベナン、トーゴに分布する。音調言語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨルバ語
よるばご
Yoruba

アフリカ原地語のなかでも有力なものの一つ。ナイジェリアを中心に、1000万人以上の話し手人口を有する。グリーンバーグJ. H. Greenberg(1915―2001)の分類では、ニジェールコンゴ諸語のクワ語群に属せしめられている。音韻的には、kとp、gとbの二重調音子音を有し、アクセント高低アクセントで、高・中・低の3段階を区別する。母音は7母音である。文法的には、名詞に性や数の区別がなく、文の構造は英語などに似ている。[湯川恭敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨルバ語の関連キーワードスカンジナビア諸語ティブ族ニジェール川バンツー諸語ニジェールコンゴ語族エウェ語バントゥー諸語ニジェール・コルドファン語族ニジェール・コンゴ語派ニジェールコルドファン語族

ヨルバ語の関連情報