ヨルバ語(読み)ヨルバご(英語表記)Yoruba language

大辞林 第三版の解説

ヨルバご【ヨルバ語】

ニジェールコンゴ語族クワ語派東クワ諸語に属する言語。ナイジェリア南西部からベナン、トーゴに分布する。音調言語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨルバ語
よるばご
Yoruba

アフリカ原地語のなかでも有力なものの一つ。ナイジェリアを中心に、1000万人以上の話し手人口を有する。グリーンバーグJ. H. Greenberg(1915―2001)の分類では、ニジェール・コンゴ諸語のクワ語群に属せしめられている。音韻的には、kとp、gとbの二重調音子音を有し、アクセントは高低アクセントで、高・中・低の3段階を区別する。母音は7母音である。文法的には、名詞に性や数の区別がなく、文の構造は英語などに似ている。[湯川恭敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ヨルバ‐ご【ヨルバ語】

〘名〙 (ヨルバはYoruba) ニジェール‐コンゴ語族クワ語派に属する言語。主に西アフリカのナイジェリア南西部に居住するヨルバ人が話す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android