ヨーゼフ1世(読み)ヨーゼフいっせい(英語表記)Joseph I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーゼフ1世
ヨーゼフいっせい
Joseph I

[生]1678.7.16. ウィーン
[没]1711.4.14. ウィーン
ハンガリー王 (在位 1687~1711) ,神聖ローマ皇帝 (在位 05~11) 。ハプスブルク家出身の皇帝レオポルト1世の長男。 1687年ハンガリー王,90年ローマ王すなわち皇帝位継承候補者となった。 1703年弟カルルのためにスペイン王位継承権を放棄。 05年父の死により帝位についた。おりしもスペイン継承戦争の最中で,ハプスブルク家はカルルをスペイン王位継承者に擁立,各方面で有利な戦闘を進めたが,ヨーゼフは決着のつかないうちに病没。ヨーゼフには王女しかいなかったため,カルルが神聖ローマ皇帝カルル6世となった。ヨーゼフは父や弟と同様音楽を愛好し,作曲もしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨーゼフ1世

生年月日:1678年7月26日
神聖ローマ皇帝(在位1705〜11)
1711年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android