コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ原子核研究機関(読み)ヨーロッパげんしかくけんきゅうきかん(英語表記)Organisation Européene pour la Recherche Nucléaire; European Organization for Nuclear Research

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ原子核研究機関
ヨーロッパげんしかくけんきゅうきかん
Organisation Européene pour la Recherche Nucléaire; European Organization for Nuclear Research

ヨーロッパを中心とする 21ヵ国が共同で運営する素粒子物理学の研究機関。1952年に Conseil Européen pour la Recherche Nucléaireとして発足し,1954年にヨーロッパの 12ヵ国により現名称で設立された。通称は CERN(セルン)で,旧名の略称が今日でも使われる。所在地はスイスのジュネーブで,巨大な実験装置はスイスとフランスの国境にまたがって設置されている。周囲約 7kmに及ぶ最大 4500億eV(電子ボルト)の陽子シンクロトロン SPS(→シンクロトロン)は,2700億eVまで加速した陽子と反陽子(→反核子)の衝突実験によって,ウィークボソンの Wボソンと Zボソンを発見するなど,多大な成果を上げた。また鉛の原子核を 1核子あたり 1700億eVに加速できる。900億eVの電子・陽電子コライダー LEP(→コライダー)があったが 2000年に取り壊され,2008年9月,その跡地に周囲約 27km,最大 14兆eVの陽子同士の衝突装置である大型ハドロン衝突型加速器 LHCが完成した。LHCは 2010年3月に各ビームを 3.5兆eVまで加速することに成功。また,2012年7月,LHCで実験を行なっていた科学者が,ヒッグス粒子が転換した結果と思われる現象を発見したと発表した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android