コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライヒャルト ライヒャルト Reichardt, Johann Friedrich

2件 の用語解説(ライヒャルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライヒャルト
ライヒャルト
Reichardt, Johann Friedrich

[生]1752.11.25. ケーニヒスベルク
[没]1814.6.17. ハレ近郊ギービヒェンシュタイン
ドイツの作曲家。ライプチヒドレスデンで学び,1771~74年ドイツの各地を旅行して『音楽紀行』 Briefen eines aufmerksamen Reisenden die Musik betreffendを刊行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライヒャルト
らいひゃると
Johann Friedrich Reichardt
(1752―1814)

ゲーテと同時代のドイツの作曲家、音楽評論家。初期ロマン派ジングシュピールや歌曲の作曲家として重要。東プロイセンのケーニヒスベルク(現ロシアカリーニングラード)に生まれ、同地とライプツィヒの大学で法律と哲学を学んだ。音楽はライプツィヒの当時のトマスカントルだったアダム・ヒラーと、ドレスデンのホミリウスに師事した。1771~74年ドイツ中を旅行し『ある音楽旅行者の手紙』2巻(1774~76)を出版している。75~95年ポツダムフリードリヒ大王の宮廷楽長を務めたが、フランス革命に共感を示して解雇され、ハレの製塩検査官として同地郊外のギービヒェンシュタインに居を構えた。そこにはティークノバーリスシュレーゲルブレンターノアルニムアイヒェンドルフなどの若い詩人や作曲家たちが集い、ロマン主義の重要なサロンの一つとなった。1808年には短期間カッセル宮廷楽長を務め、ウィーンに旅行してハイドンベートーベンを訪れているが、翌年ギービヒェンシュタインに帰り、同地で没した。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライヒャルトの関連キーワードケーニヒスベルクケーニヒスベルク大学ケーニヒスアレーケーニヒ通りケーニヒスベルク大聖堂ケーニヒスベルクの橋ケーニヒスベルクの問題ケーニヒスベルガー,J.G.ケーニヒスベルク城ミュラー(ケーニヒスベルクの)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone