コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフサイクル・エネルギー ライフサイクル・エネルギーlife-cycle energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライフサイクル・エネルギー
life-cycle energy

機器の全寿命期間中に直接・間接に費やされたエネルギーの総量をいう。たとえば家庭用のエアコンについて,冷房や暖房に直接利用したエネルギーだけでなく,エアコン自体を製造するのに要したエネルギーも考慮する。直接利用したエネルギー量の測定は困難ではないが,製造品は複雑多岐にわたる生産工程を経ているため,後者のエネルギー量の算定には困難が伴う。そこで単純化した生産システムモデルとして想定して算出することが多い。一つのモデル家庭を対象として試算された例によれば,住宅や自動車の生産に投入されたエネルギーを加えると暖房・給湯・照明・自動車などに直接使用したエネルギーの約 6.7倍のエネルギーが,1年間に費やされていることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone