コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライム病 ライムびょうLyme disease

翻訳|Lyme disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライム病
ライムびょう
Lyme disease

ボレリア・ブルグドルフェリイというスピロヘータが起す感染症で,アメリカのコネチカット州ライムで最初に流行したため,この名がついた。野山に生息するマダニ類が媒介する。感染したマダニに咬まれると,数日後に咬まれたところに環状の紅班ができ,次第に大きくなる。症状は頭痛,寒気,発熱,倦怠感,リンパ節の腫れ,髄膜炎などで,数ヵ月後には関節症状も出る。 1989年には北海道の自衛隊員約 40人が集団感染し,話題になった。治療法としては抗生物質のテトラサイクリンが投与される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ライム‐びょう〔‐ビヤウ〕【ライム病】

スピロヘータの一種が感染して起こる病気。夏に流行し、皮膚に紅斑ができ、発熱・筋肉痛・関節痛などがみられる。米国コネチカット州ライム(Lyme)で発見された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

ライム病

スピロヘータの一種である細菌「ライム病ボレリア」に感染したマダニに噛まれることで感染・発症する細菌感染症。人から人に伝染することはない。感染後、数日から数週間で噛まれた部位を中心に周辺に広がる特徴的な赤み(遊走性紅斑(こうはん))が皮膚に発生する。全身疲労・発熱・筋肉痛・関節痛などを伴うことがあり、この初期状態は4週間ほど続く。放置すると病原菌が全身に広がり、神経症状・心疾患・筋肉炎など多彩な症状が見られるようになる(播種(はしゅ)期)。さらに数カ月から数年放置すると慢性期に至り、上記の症状に加え重度の皮膚症状・関節炎などを起こすようになる。治療には抗菌薬を用いる。日本の感染症法では4類感染症に規定され、診断した医師はただちに保健所に届け出ないといけない。

(2015-4-06)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ライム病の関連キーワード輸入感染症と皮膚の病変マダニ感染症トレポネーママダニ刺症回帰熱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android