コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライム病 ライムびょう Lyme disease

翻訳|Lyme disease

3件 の用語解説(ライム病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライム病
ライムびょう
Lyme disease

ボレリア・ブルグドルフェリイというスピロヘータが起す感染症で,アメリカコネチカット州ライムで最初に流行したため,この名がついた。野山に生息するマダニ類が媒介する。感染したマダニに咬まれると,数日後に咬まれたところに環状の紅班ができ,次第に大きくなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライム‐びょう〔‐ビヤウ〕【ライム病】

スピロヘータの一種が感染して起こる病気。夏に流行し、皮膚に紅斑ができ、発熱・筋肉痛・関節痛などがみられる。米国コネチカット州ライム(Lyme)で発見された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ライム病

スピロヘータの一種である細菌「ライム病ボレリア」に感染したマダニに噛まれることで感染・発症する細菌感染症。人から人に伝染することはない。感染後、数日から数週間で噛まれた部位を中心に周辺に広がる特徴的な赤み(遊走性紅斑(こうはん))が皮膚に発生する。全身疲労・発熱・筋肉痛・関節痛などを伴うことがあり、この初期状態は4週間ほど続く。放置すると病原菌が全身に広がり、神経症状・心疾患・筋肉炎など多彩な症状が見られるようになる(播種(はしゅ)期)。さらに数カ月から数年放置すると慢性期に至り、上記の症状に加え重度の皮膚症状・関節炎などを起こすようになる。治療には抗菌薬を用いる。日本の感染症法では4類感染症に規定され、診断した医師はただちに保健所に届け出ないといけない。

(2015-4-06)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライム病の関連キーワードスピロ化合物スフェリア島スピロ原子オルフェウス島ブルードルフィンラ・フェリアルドルフとスノーホワイトネフェリノライトネフェリン-ベーサイトオルフェウスの哀歌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライム病の関連情報