コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラカトシュ Imre Lakatos

世界大百科事典 第2版の解説

ラカトシュ【Imre Lakatos】

1922‐74
ハンガリー生れのイギリスの科学哲学者。ユダヤ系で,第2次大戦中は反ナチ運動に身を投じ,戦後文部行政にあったが,反スターリン主義を掲げて西側に亡命,K.ポパーの知遇を得て,イギリスでポパーの後任として,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの教授となった。哲学的立場もポパーの後継者をもって任じ,論理学,数学の問題への関心から,ポパー的反証理論を使った《数学的発見の論理》を発表。その後同世代のT.S.クーン,P.K.ファイヤアーベントら新しい科学史,科学哲学の潮流に抗して,ポパーの反証理論と合理主義を守るべく,科学研究プログラム論を展開し,精緻(せいち)化した反証主義sophisticated falsificationismの立場をとったが,精力的な活動の最中に,51歳の若さで急死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ラカトシュ【Imre Lakatos】

1922~1974) ハンガリー生まれの科学哲学者。ポパーの反証理論を発展させ、「科学的研究プログラムの方法論」を提唱した。著「方法の擁護」「数学的発見の論理」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラカトシュの関連キーワードダールノキ・ミクローシュロビー ラカトシュパラダイム論論争経済学方法論11月9日

ラカトシュの関連情報