ラクシャドウィープ諸島(読み)らくしゃどうぃーぷしょとう(英語表記)Lakshadweep Islands

  • ラクシャドウィープしょとう〔シヨタウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド南西部、マラバル海岸西方320キロメートルのアラビア海東部にある小島群。ラッカディブ諸島19島、北のアミンディビ諸島5島と南のミニコイ島の計25島を総称してよぶ。1956年以来印度中央政府直轄地区で、ラッカディブ諸島のカバラティ島に政庁がある。総面積32平方キロメートルで、うち10島に6万0595(2001)が居住する。島はすべて海底火山の頂部に形成されたサンゴ礁(しょう)からなる。熱帯気候のもとで、天水、湧水(ゆうすい)を飲料水としている。ココヤシ、漁業に依存し、ほぼ自給自足の生活が営まれている。住民のほとんどは9世紀にマラバル海岸から移住し定着したモプラ人で、マラヤラム語を使用する。もとヒンドゥー教徒であったが、13世紀にアラビア人の侵入によってイスラム教に改宗した。ミニコイ島の住民は、スリランカ渡来の仏教徒がイスラム化した人々といわれ、使用言語もマール語である。

[林 正久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

Lakshadweep Islands》インド南西部、アラビア海に浮かぶ諸島。マラバル海岸の西約320キロメートルに位置する。ラッカディブ諸島アミンディビ諸島などの島々を総称し、連邦直轄領に属する。いずれもサンゴ礁性の島であり、有人島は10島のみ。セイロン島やマラバル海岸から渡来し、のちにイスラム化した住民が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android