コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクシュミー・バーイー ラクシュミーバーイー

2件 の用語解説(ラクシュミー・バーイーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラクシュミー・バーイー

インド大反乱セポイの乱)の指導者の一人。ジャーンシー王国(ジャーンシー)の妃となったが,嫡子がなかったため王国は併合された。インド大反乱が起きると,マラーター同盟に協力して反乱を指揮。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクシュミー・バーイー
らくしゅみーばーいー
Lakshm B
(1835―1858)

インド、ジャーンシ王国の王妃。インドの大反乱セポイの反乱)の指導者。インド独立運動史上、もっとも著名な英雄の一人。マラータ同盟の部将の家に生まれ、ジャーンシ王に嫁ぐが、嫡子がなかったため、王の死後、無法な併合政策により王国は1853年英領に併合された。57年大反乱が勃発(ぼっぱつ)すると、反乱側に加担、とくに反乱後期に有能かつ非妥協的指導者として活躍。グワリオル城外の戦闘で戦死した。[長崎暢子]
『長崎暢子著『インド大反乱』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone