ラクシュミー・バーイー(読み)ラクシュミーバーイー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクシュミー・バーイー
らくしゅみーばーいー
Lakshm B
(1835―1858)

インド、ジャーンシ王国の王妃。インドの大反乱(セポイの反乱)の指導者。インド独立運動史上、もっとも著名な英雄の一人。マラータ同盟の部将の家に生まれ、ジャーンシ王に嫁ぐが、嫡子がなかったため、王の死後、無法な併合政策により王国は1853年英領に併合された。57年大反乱が勃発(ぼっぱつ)すると、反乱側に加担、とくに反乱後期に有能かつ非妥協的指導者として活躍。グワリオル城外の戦闘で戦死した。[長崎暢子]
『長崎暢子著『インド大反乱』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android