コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラケル Rachel

翻訳|Rachel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラケル
Rachel

旧約聖書中の人物。ヤコブの妻,ラバンの娘。ヤコブは慣習によって姉娘レアと先に結婚し,その後ラケルも妻とした。レアはラケルより先に幾人かの子を得たが,ラケルには生れず,婢女ビルハをヤコブに与えてダン,ナフタリを得た。その後ラケルもヨセフベニヤミンを産んだが,ベニヤミンのとき難産で死に,ベツレヘムへの道エフラタに埋葬された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラケル

株式会社ラケルが展開する洋食店のチェーン創業は1963年。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラケル【Rachel】

古代イスラエルの族長ヤコブの妻。ヤコブがその兄エサウから長子権と父の祝福を奪い取ってアラム人ラバンのもとに逃亡したとき,彼が見初めたラバンの次女。ヤコブは彼女を得るため,つごう14年間ラバンに労役を提供したという(《創世記》29)。彼女は美しく愛らしい女として,その姉でヤコブのもう一人の妻レアよりも愛された。ヨセフに続いてベニヤミンを産んだとき,産が重くて死んだと記されている(同35:16~20)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラケルの関連キーワードグラウバー(Johann Rudolph Glauber)ベッヒャー(Johann Joachim Becher)ガルシア・デ・ラ・ウエルタ・イ・ムニョスW.E. ポイカートイスラエルの12支族ホメオパシーの原理ファン・ヘルモントコルベンハイアーコルベンハイヤーイブン・シーナー同種療法の法則ドイツ神秘主義フロギストン説ホーエンハイムパラケルススクーンラートヘルメス思想トリスモジンウンディーネグラウバー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラケルの関連情報