ラジエーター(読み)らじえーたー(英語表記)radiator

翻訳|radiator

日本大百科全書(ニッポニカ)「ラジエーター」の解説

ラジエーター
らじえーたー
radiator

放熱器のなかでとくに空気に熱を伝えるものをいい、空気と接触する側にフィン(ひれ状の突起)をつけた管の中に温水を通して放熱する構造が多い。一般には自動車などの水冷式内燃機関の放熱器をさす。内燃機関では、高温の燃焼ガスから伝わる熱でシリンダーなどが破壊しないように冷却するが、水冷(他の液体でも同じ)では冷却水が沸騰し冷却能力を失うのを防止し、冷却水温度を適温に保つために、冷却水の熱をラジエーターで空気に伝え、冷却水を冷却する。ラジエーターには温かい冷却水が機関についた水ポンプで循環し、空気は、機関または電気モーターなどで駆動されるファンで強制的に送られる。

[吉田正武]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ラジエーター」の解説

ラジエーター

〘名〙 (radiator)
蒸気や温水の熱を利用した暖房装置の放熱器。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「スティームの通って来るラディエターから」
② 自動車などの水冷式エンジンの冷却器。
※旅‐大正一三年(1924)創刊号・キャメラの徳島旅行〈三島章道〉「あまりラゼエタアから湯気が立つので、中途で自働車は水を一ぱいのむことにした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android