ラバヌス・マウルス(英語表記)Rabanus(Hrabanus) Maurus, Magnentius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバヌス・マウルス
Rabanus(Hrabanus) Maurus, Magnentius

[生]780? マインツ
[没]856.2.4. ウィンケルアムライン
ドイツのカトリック聖職者,神学者。ドイツ人文学教育の確立者であり,「ドイツの教師」と呼ばれる。ベネディクト会のフルダ大修道院に入って教育を受け,801年司祭。 802年ツールでアルクイヌスに師事。 803年フルダの付属学院長となり,ドイツで最も高名な学院の一つに育てた。 814年司祭,822~842年フルダ大修道院院長をつとめ修道院を大きく発展させた。その後ペテルブルグに引退したが,47年からマインツ大司教となり,3度の教会会議を開いた。当代随一の碩学であり,独創性には乏しいが多くの著作によってカロリング・ルネサンスに大きな影響を及ぼした。聖書注解,『聖職者教育論』 De institutione clericorumのほか,文法論,百科全書『ものの本性』 De rerum naturis (通称 De universo,22巻) ,詩などが残されている。福者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android