コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバヌス・マウルス ラバヌス・マウルスRabanus(Hrabanus) Maurus, Magnentius

1件 の用語解説(ラバヌス・マウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバヌス・マウルス
ラバヌス・マウルス
Rabanus(Hrabanus) Maurus, Magnentius

[生]780? マインツ
[没]856.2.4. ウィンケルアムライン
ドイツカトリック聖職者,神学者。ドイツ人文学教育の確立者であり,「ドイツの教師」と呼ばれるベネディクト会フルダ修道院に入って教育を受け,801年司祭。 802年ツールアルクイヌスに師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラバヌス・マウルスの関連キーワード倉持孝子秋篠寺秋田城イサウリア朝均田法京都議定書目標達成計画横浜市中央卸売市場本場李克用金鶏山酒列磯前神社

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone