コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラビット ラビット

4件 の用語解説(ラビットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラビット
ラビット

マラソンをはじめとする陸上競技長距離レースで,トップを切ってペースメーカー役を務めるランナーのこと。 1980年代から盛んになった欧米の賞金マラソンでは,レースをおもしろくするため大会主催者がペースメーカーを用意して記録更新をねらうのがあたりまえとなっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラビット(rabbit)

ウサギ。また、ウサギの毛皮。
マラソンなどで、開始からペースを上げて仲間を引っ張っていく選手。ドッグレースで、犬に模型のウサギを追わせるところからいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラビット Rabbitt, James Aloiysius

1877-1969 アメリカの機械技師。
明治35年(1902)大阪のF.W.ホーン社のマネージャーとして来日。アメリカ大使館名誉商務官となり,在任中におこった米騒動の見聞を「米と社会政策」にあらわした。第二次大戦前に帰国し,戦後再来日した。享年92歳。コネティカット州出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ラビット【rabbit】

うさぎ。
マラソンなど、中長距離競走におけるペース-メーカーの俗称。ドッグ-レースを先導する獲物模型が由来。 → ペース-メーカー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラビットの言及

【毛皮】より

…アザラシの生まれたての幼獣の毛皮はホワイトコート(日本ではフケフケと呼ばれる)といい,白くて長い毛が珍重される。 ラビットrabbitウサギの毛皮。安価で染色が容易なため,他の毛皮獣に似せて文様を型染することもできる。…

※「ラビット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラビットの関連キーワード右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨ましょうじま・う取扱うな・う

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラビットの関連情報