コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリオハ La Rioja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリオハ
La Rioja

アルゼンチン中北部西寄り,ラリオハ州の州都。コルドバの北西約 330km,アンデス山脈の東縁をなすベラスコ山脈東麓にあり,リオハ川にのぞむ。 1591年スペイン人によって建設され,植民地時代は鉱業中心地として繁栄。市街は 1894年の地震で大破,その後近代的な市街が再建されたが,16世紀の聖堂の遺跡などが保存されている。周辺の灌漑農業地帯の中心地で,農産物を集散するほか,ワイン醸造,鉱石精錬などの工業がある。サンミゲルデトゥクマンとコルドバを結ぶ鉄道,道路が通り,アンデス山中へ通じる道路が分岐する。人口 10万 6281 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐リオハ(La Rioja)

スペイン北部の内陸部にある自治州。ブドウなど果樹栽培が盛んで、それを利用したワインが特産。州都はログローニョ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラリオハの関連キーワードカルロス・サウル メネムマリア・エステラ ペロンカスティリアラビエハラリオハ自治州ログロニョサラド川カラオラペロンメネム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android