ラリオハ(英語表記)La Rioja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリオハ
La Rioja

アルゼンチン中北部西寄り,ラリオハ州州都コルドバの北西約 330km,アンデス山脈の東縁をなすベラスコ山脈東麓にあり,リオハ川にのぞむ。 1591年スペイン人によって建設され,植民地時代は鉱業中心地として繁栄。市街は 1894年の地震で大破,その後近代的な市街が再建されたが,16世紀の聖堂の遺跡などが保存されている。周辺の灌漑農業地帯の中心地で,農産物を集散するほか,ワイン醸造,鉱石精錬などの工業がある。サンミゲルデトゥクマンとコルドバを結ぶ鉄道,道路が通り,アンデス山中へ通じる道路が分岐する。人口 10万 6281 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐リオハ(La Rioja)

スペイン北部の内陸部にある自治州。ブドウなど果樹栽培が盛んで、それを利用したワインが特産。州都はログローニョ
アルゼンチン北西部、ラ‐リオハ州の都市。同州の州都。降水量が少なく、周辺ではブドウを産し、ワイン産地として知られる。近年は、同国における医薬品産業の中心地の一つとなっている。世界遺産(自然遺産)に登録されたタランパヤ国立公園への観光拠点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android