コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリン・キュオスティ Larin‐Kyösti

世界大百科事典 第2版の解説

ラリン・キュオスティ【Larin‐Kyösti】

1873‐1948
フィンランドの詩人。本名ラルソンKaarlo Kyösti Larson。農漁村の自然と生活に親しみ,スウェーデンの詩人ベルマンやフレーディングの影響を受け,ロマンティックな民謡調の抒情詩《この少年の春の喜びの歌声》(1897)で文壇に登場する。のち,フィンランドの詩人レイノ風の神秘的な叙事詩に移り,《荒野の幻影》2巻(1915‐17),《バラード》(1913)の代表作の他,50に近い詩集を残し,小説,戯曲,翻訳も手がけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラリン・キュオスティの関連キーワード新藤兼人日本郵便制度史(年表)サッカー(フットボール)木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android