ラリン・キュオスティ(英語表記)Larin‐Kyösti

世界大百科事典 第2版の解説

ラリン・キュオスティ【Larin‐Kyösti】

1873‐1948
フィンランドの詩人。本名ラルソンKaarlo Kyösti Larson。農漁村の自然と生活に親しみ,スウェーデンの詩人ベルマンやフレーディングの影響を受け,ロマンティックな民謡調の抒情詩《この少年の春の喜びの歌声》(1897)で文壇に登場する。のち,フィンランドの詩人レイノ風の神秘的な叙事詩に移り,《荒野の幻影》2巻(1915‐17),《バラード》(1913)の代表作の他,50に近い詩集を残し,小説,戯曲,翻訳も手がけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android