コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリン・キュオスティ Larin‐Kyösti

1件 の用語解説(ラリン・キュオスティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラリン・キュオスティ【Larin‐Kyösti】

1873‐1948
フィンランドの詩人。本名ラルソンKaarlo Kyösti Larson。農漁村の自然と生活に親しみ,スウェーデンの詩人ベルマンフレーディングの影響を受け,ロマンティックな民謡調の抒情詩《この少年の春の喜びの歌声》(1897)で文壇に登場する。のち,フィンランドの詩人レイノ風の神秘的な叙事詩に移り,《荒野の幻影》2巻(1915‐17),《バラード》(1913)の代表作の他,50に近い詩集を残し,小説,戯曲,翻訳も手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラリン・キュオスティの関連キーワードトペリウスバフィン島フィン人フィンランディアフィンランド語ヘルシンキ芬蘭フィン級Выборгタピオラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone